top of page

【能登半島地震】大阪市からも消防局、水道局から応援職員が派遣されています。

 能登半島地震、空港事故ほんとに心が痛いです。お亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申しあげます。そして被災された皆様にお見舞い申しあげます。


 また、自衛隊や各自治体からの応援職員の派遣、避難所運営、災害ボランティアセンター立ち上げ準備など様々な活動に従事されている皆さんに感謝と敬意を表します。


 大阪市からも消防局、水道局から応援職員が派遣されています。よろしくお願いします。ニュースで大阪市消防局職員の献身的な活動をみました。ありがとうございます。


 個人としては今、何ができるわけでもなくざわざわとしますが、救命救助活動が進み、被災されている方々の安心や安全につながることを願います。


〇「令和6年大阪市消防出初式中止」

大阪市は、令和6年1月6日(土)に開催を予定していました、令和6年大阪市消防出初式について、令和6年1月1日に発生しました令和6年能登半島地震により甚大な被害が発生し、現在もなお大阪市消防局を含む緊急消防援助隊等による懸命な救助活動が続けられていることを踏まえ、中止します。



〇令和6年1月1日 

大阪市消防局は、総務省消防庁長官からの派遣要請を受け、石川県能登地方を震源とする地震で被害を受けた石川県能登地方へ、緊急消防援助隊大阪府大隊として、消防車両と当局職員を派遣しました。


派遣隊構成

第1次派遣(19時5分出発)大阪市2隊12名

第2次派遣(20時40分出発)大阪市15隊52名

第3次派遣(22時45分出発)大阪市3隊10名、府内消防本部22隊96名

(大阪府内消防本部派遣総数)

大阪市20隊74名、府内消防本部22隊96名、計42隊170名


〇2024年1月3日

大阪市水道局は、公益社団法人日本水道協会からの派遣要請を受け、石川県能登地方を震源とする地震で被害を受けた石川県金沢市へ次のとおり応援隊を派遣しました。


1 応援隊構成

第1次派遣(10時35分出発)

職員7名

車両3台

加圧式給水車(2トン)1台

資材運搬車1台(仮設給水栓、ポリ容器、発電機、投光器等)

指令車1台

2 想定している活動内容

災害地における応急給水活動

Comentários


あなたと
「つながる」キーワード

1

#シングルファザー経験
#ソーシャルワーカー経験

人は人に生かされて.png

2

#親の介護経験

321349331_839411200655950_752691081011450598_n.jpg

3

#無所属
​(3期12年目)

無所属.png
bottom of page