top of page

大阪市会民生保健委員会で西東京市と久里浜医療センターを視察しました!【武なおき行政視察レポート】

2023年8月31日と9月1日。

4年ぶりに大阪市会民生保健委員会で行政視察でした。


31日は西東京市で説明聴取と現地視察。


①フレイル予防事業について。

フレイルとは、健康と要介護の間の時期で、加齢とともに心身の活力(例えば筋力や認知機能など)が低下した状態のこと


東京大学と連携し、フレイル予防プロジェクト実践中。自分事化のフレイルチェックを1回参加で終わりでなく、フレイル予防講座に参加し、6ヶ月ごとにフレイルチェックし改善を目指します。



②地域福祉コーディネーターの取り組みについて。

みんなの居場所サードプレイス展の開催会場を現地視察。ほっとネット推進員と呼ばれるボランティアさんが、日常の生活の中で感じた疑問や気づきをコーディネーターへつなぎ解決に向けてコーディネーターと一緒に考えます。















続いて9月1日、民生保健委員会行政視察2日目。

久里浜医療センターにて、ギャンブル依存症の実態や対策について説明聴取と現地視察。


日本におけるギャンブル依存症対策は、これまで手つかずの状態。2023年は競馬法制定100周年。背景は騎兵隊強化。娯楽部門の市場は、パチンコ、パチスロが圧倒的。競馬は減少傾向が2015年から増加。ネットでの馬券購入が可能になったため。


ギャンブル依存症の診断は、

①こころを奪われる。

②賭け金が増える。

③止められない。

④イライラする。

⑤現実逃避。

⑥負けの深追い。

⑦借金。

⑧ウソ。

⑨生活を破壊。


どれだけあてはまるかで診断。


日本のギャンブル依存症は、男性3.7%、女性0.7%。全体2.2%。諸外国と比べて高い。

ギャンブルは個人の問題だけでなく社会の問題。医療の他あらゆる資源導入し、支援にあたること必要。依存症に対する理解の促進が必要。

















Comments


あなたと
「つながる」キーワード

1

#シングルファザー経験
#ソーシャルワーカー経験

人は人に生かされて.png

2

#親の介護経験

321349331_839411200655950_752691081011450598_n.jpg

3

#無所属
​(3期12年目)

無所属.png
bottom of page